よく落ちる&肌に優しいクレンジングはこれ!

 

クレンジングが気になる女性

 

よく落ちるのはいいけど、お肌がボロボロはイヤ!

 

でも逆に、お肌のダメージは少ないけど、メイクが全く落ちない・・・

 

そんなお悩みを持つあなたへ!

 

よく落ちる&肌に優しいクレンジングをご紹介します!

 

※おすすめランキング前に、以下のポイントでクレンジングを選びます

 

刺激が強すぎない

 

クレンジング後にひりひりしたり、お肌が荒れてしまうことがあります。

 

そのため、低刺激なクレンジングがおすすめです。

 

【タイプ別の強度】

 

オイル〉リキッド〉ジェル〉クリーム〉ミルク

 

※オイルが最も強い

 

そのため、当サイトでは、リキッド、ジェル、クリームをあたりを中心にご紹介します。

 

余計な添加物が含まれない

 

脂性肌・ニキビ肌・敏感肌・乾燥肌、どんな肌質だとしても、着色料、合成香料、鉱物油、エタノールなどの余計な添加物が含まれていないクレンジングがおすすめ。

 

※特に合成界面活性剤入りのクレンジングジェルなど

 

W洗顔不要!

 

  • メイク落としで1回(※油汚れ)
  • 洗顔で1回(※水性の汚れ)

 

とW洗顔は日本人だけ?の独特の文化のようです。

 

ですが、ハッキリいって面倒ですよね(汗)

 

そのため、W洗顔不要のものをおすすめします。

 

 

返金保証あり!

 

いくら人気があるクレンジングだとして、あなたのお肌に合うとは限りません。

 

そのため、返金保証ありのクレンジングを紹介します。
※すべてのクレンジングに返金保証があるわけではないです

 

上記のポイントを中心におすすめのクレンジングをご紹介します!

 

おすすめ!クレンジングランキング

 

マナラホットクレンジングゲル

 

ホットクレンジングゲル

 

 

  • 返金保証:45日間返金保証あり
  • 内容量:200g/2か月分

  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:4,104円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

マナラホットクレンジングゲルは
着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれない無添加のクレンジングジェルです。

 

返金保証付き&200g2か月分と容量が多いため、コスパもGOOD◎

 

 

デメリットは?

 

2本で送料無料。

 

1本で送料630円と、2本まとめて売りたい戦略のようです(汗)

 

 

 

【マナラ 公式サイト】
→https://www.manara.jp/

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

 

  • 返金保証:14日以内金保証あり
  • 内容量:150g/2か月分
  • 初回限定:3,076円
  • 通常価格:5,696円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

※初めての方限定!今ならもう1本プレゼント中!

 

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは極小こんにゃくスクラブ配合!
毛穴のよごれをしっかり除去します。

 

また、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラペン、紫外線吸収剤などが含まれいません。

 

デメリットは?

 

通常価格がやや、お高め

 

 

【リ・ダーマラボ 公式サイト】
→http://re-dermalab.jp/

 

 

DUOザクレンジングバーム

 

プレミアアンチエイジング

 

  • 返金保証:20日以内
  • 内容量:90g(※1か月分)

  • 定期:1,800円
  • 通常:3,600円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

モンドセレクション6年連続受賞、売上個数250万個!突破のDUOザクレンジング

 

クレンジング、洗顔、角質ケア、マッサージケア、トリートメントの5つのケアを、これ一つでできるため、ラクチンです

 

 

デメリットは?

 

公式サイトではまつエクはNGとしています。

 

※ただ、まつエクの”色”によると思いますが・・・

 

 

【DUOザクレンジング 公式サイト】
→https://cp.duo.jp

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェル

 

【フィトリフト】ホットクレンジングゲル

 

  • 返金保証:10日以内
  • 内容量:200g(※60日分分)

  • 定期:2,980円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
不要

 

 

フィトリフト ホットクレンジングジェルは
メイク落とし・洗顔・ホットーマッサージ・保湿ケア・毛穴ケアと1つで5つの機能と多機能です。

 

【フィトリフト 公式サイト】
→http://www.phytolift.jp/

 

 

ビオルガ クレンジング

 

ビオルガクレンジング

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150g/1か月〜1.5か月
  • 初回限定:2,990円
  • 通常価格:3,990円

 

保湿ケア まつエク メイク落ち 無添加 W洗顔
必要

 

ビオルガ クレンジングは8種類の和漢植物の力でポカポカと暖かくなる、新感覚のクレンジングジェルです。

 

カンゾウ、キハダ、どくだみなど和漢植物にお肌の質感をしっかりケアしてくれます。

 

 

デメリットは?

 

返金保証なし

 

 

【ビオルガ クレンジング 公式サイト】
→https://shop.belleeau.jp

 

 

 

クレンジングの基礎

 

美人の女性

 

クレンジングリキッドのメリット・デメリットとは?

 

クレンジングリキッドはクレンジングのうちオイルタイプのクレンジングの次に洗浄力が高いですが、一方ではお肌への負担が大きいのが特徴的です。

 

クレンジングリキッドにはいくつかメリットがあり、例えば落としにくいウォータープルーフタイプのファンデーションや、日焼け止めやリキッドファンデーションなどを落とすのに最適です。

 

しかしデメリットとして、油分が多いことがあり、しつこいメイクが落ちやすい反面、お肌への負担が大きくなるでしょう。

 

クレンジングリキッドはメイクの濃い人に向いていて、まつ毛エクステなどをしている人に最適です。

 

クレンジングリキッドは油分が少なく、
ニキビを悪化させにくい特徴もあり、まつ毛エクステなどの接着剤は油分に非常に弱いので、特に油分の少ないタイプはまつ毛エクステをしている人に向いていて、中でもオイルフリーがおすすめです。

 

クレンジングリキッドを使う場合に注意することは、アイメイクとベースメイクは別と考えることで、お肌への負担が大きくなるので、
濃いアイメイクを落とす時に使用し、薄いベースメイクにはクリームやミルクタイプなどで落とすと良いでしょう。

 

クレンジングリキッドは敏感肌や乾燥肌の人には向いておらず、洗浄力が高いので乾燥肌などの人には負担があり、メイクを落とすのにクレンジングリキッドは避けた方が良いでしょう。

 

 

クレンジングジェルのメリット・デメリットとは?

 

水性と油性のどちらのタイプもあるクレンジングジェルは、メイクにも水にも馴染みやすいというのが大きなメリットです。

 

一般的なメイクの濃さなら十分に対応できるタイプですので、多くの人に利用されています。お風呂でも使うことができるタイプであり、水性なら洗浄力が抑え目である分肌にはとても優しいので敏感肌でも安心して使えます。

 

油性タイプは洗浄力が強めでメイクの落ちは良いのですが、それでも肌への大きな負担にはなりません。メイクに直接馴染ませるタイプですのでこすり過ぎてしまう人がいるのですが、正しく使用すれば肌の健康を損なわずにメイクを落とすことができます。

 

デメリットとしては、オイルクレンジングやクリームクレンジングに比べると洗浄力が劣りますので、しっかりメイクをしている人には向きません。

 

また、油性タイプは肌のバリア機能が弱まっている時に使うと肌に負担をかける恐れもあります。

 

水性タイプは優しいのですが、メイクがなかなか落ちなくて摩擦を加えてしまう恐れもありますので、自分の日頃のメイクからジェルが合っているかを考えながら導入することが大切です。

 

オイル・ローション・ジェル・クリーム・ミルクなど色々な種類のクレンジングがありますが、メイク落ちの強さは中間くらいです。

 

ミルククレンジングのメリット・デメリットは?

 

ミルククレンジングは伸びの良いテクスチャーのクレンジング剤です。

 

肌に馴染みやすいので、使いやすいというメリットがあります。また、他のクレンジング剤と比べた場合、肌への負担が少ないという点もメリットです。

 

含まれている界面活性剤の量が少なく、刺激が少ないクレンジング剤です。洗浄力もマイルドなので肌へのダメージが少なく、洗顔後に肌が乾燥しにくいと言われています。

 

肌に直接つけてクレンジングしていくタイプと、コットンにつけて拭き取るタイプの2種類があります。好みで選べる点もメリットと言えるでしょう。

 

ただし、ミルククレンジングもメリットばかりではなく、デメリットも存在しています。

 

洗浄力がマイルドで肌への刺激が少ないというメリットが、逆にデメリットとなってしまう事もあるようです。

 

ウォータープルーフのファンデーションや日焼け止め、アイメイクといったポイントメイクはミルククレンジング剤だけだと、落ち難いと感じるかもしれません。

 

落ちないメイクを無理に落とそうとして、肌がゴシゴシと擦ってしまうと肌への負担となります。

 

軽いメイクのみしか、しっかり落とせないという点はミルククレンジングのデメリットと言っていいでしょう。

 

 

オイルクレンジングのメリット・デメリットは?

 

オイルクレンジングはオイルがベースとなっているクレンジング剤です。オイルクレンジングのメリットとしては、まず「洗浄力の高さ」が挙げられます。

 

肌に馴染むオイルがベースとなっているので、ウォータープルーフの化粧品や重ね付けしたベースメイクも、するりと落とす事が可能です。

 

また、馴染みが良いテクスチャーで洗浄力も高いという事もあり、毛穴汚れのケアにも効果を発揮します。毛穴の黒ずみが気になるという方は、使用すると毛穴詰まりを解消する事が出来るでしょう。

 

洗浄力の高さが魅力のオイルクレンジングですが、逆にこの高い洗浄力がデメリットとなってしまうケースもあります。

 

肌が乾燥しがちという方が使用すると、肌に必要な水分や皮脂まで洗い流してしまい乾燥肌となってしまう事があるようです。

 

普段、乾燥肌では無いという方も毎日オイルクレンジングを使用してメイクを落とし続けると、肌が乾燥したり負担によってダメージが起こるケースもあります。

 

また、オイルクレンジングには多くの界面活性剤が含まれており、肌質によっては使用すると肌トラブルを起こすリスクが考えられます。

 

オイルクレンジングには、このようなメリット・デメリットがある事を考慮して使うようにしましょう。

 

 

炭酸クレンジングのメリット・デメリット

は?

炭酸クレンジングは微細な炭酸の泡が毛穴の奥まで浸透して汚れを浮かせる効果があるので、毛穴に詰まった汚れや古い角質を綺麗にキャッチしてすっきり洗い上げることが出来るメリットがあります。

 

今までゴシゴシ擦って肌に負担をかけるようなクレンジングを利用していた方にとって、
炭酸の泡がメイク汚れと一緒に毛穴の汚れまで綺麗に落としてくれるので肌への負担を最小限に抑えることが出来る点も人気の理由となっています。

 

炭酸ガスは水に溶けた状態では必ず弱酸性になる特徴があるので、
敏感な皮膚にとって理想的な低刺激の性質を持っており敏感肌の方やアトピーなどの症状に悩んでいる場合でも安心してケアを行える点が最大のメリットとなっています。

 

しかし炭酸クレンジングには炭酸ガスがたくさん含まれており、炭酸ガスは分子構造が非常に細かく皮膚の奥まであっさり浸透していくことから、
毛細血管内では一時的に酸欠の状態が起こります。

 

この酸欠の状態を解消するために血管が広がり顔の血行が良くなることから、
炭酸クレンジングの直後に肌の赤らみや血管の拡張によるピリピリ感を感じるデメリットがあります。

 

生理現象なのですぐに落ち着きますが、刺激が引かなかったり使用後に肌が乾燥してしまう場合もあるので、利用する場合にはパッチテストを行う必要があります。

 

ダブル洗顔って必要?不要?どっち?

クレンジングのダブル洗顔は必要という人と不要という人がいて、本当はどっちなのか迷ってしまうことがあります。

 

考え方として、日頃からメイクをするのかノーメイクで過ごすのかで違ってきますので、メイクの有無を最初に確認しなければなりません。

 

メイクをしていると油溶性のクレンジングが必要であり、メイク用品が肌に残らないようにしっかりと洗い流すことが大切です。

 

メイクが残ると空気に触れて酸化して、細胞の錆びつきからシワやシミ、乾燥が引き起こされます。
日焼け止めをオフする際にもクレンジングが必要ですので、全くのノーメイクでなければ毎日きちんとクレンジングを行わなければなりません。

 

ノーメイクで過ごす場合には洗顔剤だけで十分です。メイクの油を落とせるほどの作用を持つクレンジングを不必要な状況で使用すると、
肌を守る皮脂が奪われてバリア機能が低下します。

 

外的刺激に反応しやすくなったり肌中の水分が失われやすくなりますので使うべきではありません。朝の洗顔でも同様であり、
寝ている間に分泌された少量の皮脂やほこり等を取り除くだけですので、ダブル洗顔はいりません。

 

必要な時にだけ行うことでダブル洗顔の本来の目的を果たすことができますし、肌も良いコンディションを保てます。

 

美容!お肌のお悩みQ&A

 

お肌のお悩み

 

乾燥肌の原因は?

 

乾燥肌に悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。乾燥肌の原因には様々なものがあります。加齢によりコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドが不足する、角質のバリア機能が衰える、食生活の乱れで栄養が不足する、スキンケア不足、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や運動不足や不規則な生活リズム、便秘などによる腸内環境の乱れ、気温や湿度の低下、疲労やストレスなどがそれにあたります。これらの原因によりターンオーバーの乱れが生じて肌細胞の再生がスムーズにいかなくなることで水分や油分のバランスが悪い肌環境に陥ってしまい乾燥肌になってしまうというメカニズムです。効果的な対策としては、加齢により不足しがちな美容成分をサプリメントで補う、水分をこまめに摂取して新陳代謝を活性化させる、イソフラボンを摂取してホルモンバランスの乱れを整える、健康的で規則正しい生活習慣を身につける、乳酸菌やオリゴ糖やビフィズス菌や食物繊維などを積極的に摂取して腸内環境の乱れを整える、疲労やストレスをため込まないようにする、加湿器などを使用して環境を整える、丁寧はスキンケアを心がけて保湿を徹底するなどがあります。乾燥肌の人はエイジングも進みやすくなりますので積極的なケアに努めて肌環境を健やかに改善させましょう。

 

敏感肌の原因は?

 

年齢に関係なく若い人にも多くなってきている敏感肌。肌がカサつくし、化粧水などの刺激がピリピリして嫌なものです。敏感肌用のクリームで対策しないとならなくなり、出費も普通肌の人よりかかってしまいます。

 

原因としては、肌が荒れていると感じた時期にきちんとしたケアをせずにほおっておいた結果、皮膚の再生が上手くなされずに傷んだ肌のままになってしまい、敏感な肌質になってしまっている場合。もしくは、食生活が乱れていて、肌に良い成分が日々取れておず、栄養不足によって起こっている場合が考えられます。

 

どちらにしても後天的に敏感肌へとつながっている行動ですので、高いクリームなどで痛みを我慢しながら塗り続ける努力をするよりも、自身の日々の過ごし方を少し振り返ってみて、肌が再生される周期を確立するようにすると改善に向かうでしょう。

 

人間の体というのは、傷ついてしまっても再生しようと細胞が働いてくれるものです。敏感肌の不快さはその細胞からの信号ですので、肌の免疫を高めるための食事を心がけ、紫外線などをたくさん浴びてしまった日にはその日のうちにお手入れをして、なめらかでキメの整った肌をキープし続けようと意識することが大事でしょう。